お歳暮を贈る時のマナー

一年の終わりになると、この一年間にお世話になった人へお歳暮を贈りたいと思うことでしょう。
風呂敷に包んで相手のお宅まで持参するのが正式なマナーであると考えられていますが、多忙であったり遠方であったりといった理由から、最近では宅急便で送るケースも多くなってきました。

お歳暮を持参する場合には、食事時や早朝の時間帯を避けて訪問します。

お歳暮情報はこのサイトにおまかせ下さい。

理想的な時間帯は、午前十時から十一時頃、午後であれば十四時から十六時くらいであると言われています。

事前に相手の都合を尋ねず訪問する場合は、持参したお歳暮を玄関先で渡し、すぐに失礼するのが礼儀です。宅急便で送る場合には、送り状を郵送することができます。

この送り状は、品物に同封することもできますし、品物に先立って届くようにすることもできます。



送り状には、日頃からお世話になっていることに対するお礼を記します。
相手に喜ばれるお歳暮を贈りたいと思うなら、家族構成をチェックすることも必要です。



例えば、大家族であれば家族全員で分けられるように数が多く入っているものを贈ることができます。

また季節感あふれるものや、土地の特産物なども喜ばれるでしょう。


本当に喜んでいただけるお歳暮を贈るためには、贈る側の細やかな心配りは欠かせません。

それで、保存があまりきかないようなものを大量に贈ることや、人によって好みが分かれ、なおかつ場所を取るようなインテリアや絵画などは避けるのが賢明でしょう。

top