1年間の感謝をお歳暮に込めて

お歳暮はお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるための昔から伝わる日本の文化のひとつです。本来ならば1年の終わりにお歳暮を持参して、ご挨拶に伺うところですが、昨今の忙しい世の中においては訪問は難しくなり最近では宅配便などで送るというのが主流となってきました。

さて、そんなお歳暮ですがせっかく贈るのならば、相手に喜ばれるものを選びたいものです。


以前はお正月用途の食材等がお歳暮の定番でしたが、現在ではビ−ルや調味料の詰め合わせ、商品券などさまざまなジャンルが登場するようになり、選択の幅が大きくなりました。
選択が多いと選ぶのにも苦労すると考えてしまうかもしれませんが、選ぶ際にはまず相手先の家族構成等を考えてみてはいかがでしょうか。

お歳暮に関するご質問を解決いたします。

例えば高齢のひとり暮らしの方に、量が多すぎて賞味期限が短い食料品を贈っても相手は食べきれないかもしれません。



そんな方には腐らない商品や自分で選べるカタログギフトなどがおすすめです。

また、子供がいる過程ならば、ビ−ルなどよりもお菓子の詰め合わせ等の方が相手に喜ばれるということもあります。


このように何を贈ったら1番相手が喜ぶかということを考えることで、遠く離れてなかなか会うことができなかったとしても感謝の気持ちは十分に伝わるでしょう。
そして普段はつながりがなくても、1年の終わりにお歳暮を通して相手を敬うことで、また新しい1年間のつながりを感じることができるのではないでしょうか。



top