SFAで日々の行動を管理して業務を効率良くこなそう

たくさんの機能が搭載されたSFAは、登録・入力を行った情報が網目状に連携されているため全体的な管理だけでなく日々の業務の細かいサポートにも向いています。毎日の活動を支えてくれるものに、スケジュール管理機能があります。もちろんただのスケジュール機能ではなく、案件管理や日報に登録したデータを基に行動予定を作っておけば、その日の予定や数日間に行うべき行動が分かるようになるという優れたツールです。加えて営業活動・プロセスの結果を書き込んだり、提案書など資料・書類を紐づけて管理できる点もSFAに搭載された機能ならではと言えるでしょう。

スケジュール機能と併用したいのが、ToDo・タスク管理です。その日にやるべき仕事・業務がリストアップされるため、効率良く業務をこなせるという訳です。営業マネージャーは、各社員のタスクを参照することにより全体の状況を見渡せるだけでなく各人の仕事量の偏りや優先順位を把握しやすくなります。これにより社員が抱える業務を他の社員に分担させたり、配置の交換といった判断ができるのもSFAの強みです。

これらの機能を最大限に活かすには、営業活動を行うべきしかるタイミングで通知するアラート機能も利用すると良いでしょう。あらかじめプロセスを記録しておくことで、次のアクションの時期を知らせてくれます。作業の遅延や対応漏れを防げるのはもちろん、潜在的な顧客へとアプローチを行うのも隙なく発揮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です