CRM を導入する具体的なメリットとは

企業が効果的な営業活動を行うために役立っているツールがCRMです。CRMとはCustomerRelationshipManagementのことで、日本語では顧客関係管理と呼ばれています。顧客と良好な関係を構築・維持することを目的とした様々な機能を備えたツールです。例えば顧客情報を一元的に管理すれば、個人の勘や経験に頼るのではなく組織的な営業活動が可能になります。

スタッフや部署の間で緊密な連携を取ることで、顧客からの様々な要望に柔軟な対応ができます。営業活動に関する情報を特定のスタッフだけが保有していると、重複した営業活動を行う可能性があります。スタッフが使える時間は限られており重複営業を行うと生産性が低下します。労力や時間の浪費を防ぐためにはスタッフ同士が情報を共有して緊密な連携を取ることが大切です。

異動や退職などによる引き継ぎも、情報が共有されていれば円滑に行うことができます。担当者が不在時に何らかのトラブルが起きた場合でも、他のスタッフが柔軟に対応すれば顧客が離れるのを防げます。CRMを導入すれば顧客情報や会員情報を一元的に管理することが可能になります。顧客情報には氏名や年齢など基本的なものだけでなく、購入日や購買金額など購買履歴に関するものも含まれます。

購買実績を商品別に管理することも可能なので、顧客のニーズや行動パターンなどを把握できます。会員情報を一元的に管理すると、問い合わせを管理するコストや情報漏洩のリスクを減らせます。さらにメール配信機能と連動すれば効率的な販売促進活動やマーケティング分析が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です