売上の増加に貢献するSFAとは

企業が売上の増加を図るためには、取引の成立する可能性が高い顧客に対して集中的な営業活動を行う必要があります。スタッフの使える時間は限られているので、全ての顧客を平等に扱うことはできません。成約意欲の高い顧客から優先順位を付けて訪問による営業活動を行うのが一般的です。より多くの顧客に対して効果的な営業活動を行うためには、スタッフの負担軽減と情報の一元的な管理が重要になります。

スタッフの負担を軽減すれば時間的な余裕が生まれ、情報を一元的に管理すれば組織全体で連携を取りながら営業活動を行うことができます。顧客や案件に関する情報をスタッフが個人的に管理していると、引き継ぎなどに失敗する可能性があります。スタッフ同士の連携が上手く取れていないと重複した営業を行い時間や労力を無駄にしてしまいます。また部署間で情報の共有が行われていない場合には、担当者が不在時のトラブルに素早く対応できません。

SFAとはSalesForceAutomationのことで、日本語では営業支援システムや営業の自動化と呼ばれるツールです。このツールを使えば、日報・週報の作成のような繰り返し行われる定型的な業務を自動化してスタッフの負担を軽減できます。SFAとはスタッフの負担を軽減して生産性を高めるだけでなく、情報の一元的な管理を可能にするツールです。このツールを導入した場合、営業活動に関する様々な情報やノウハウが組織全体で共有されます。

企業が効果的な営業活動によって売上を増加させる上で、SFAとは欠かすことができない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です