営業支援とはどんなものか

営業支援とは、営業部門の業務をサポートしたり、課題を解決したりすることにより、売り上げの向上や業務の健全化などを目指す施策のことを言います。日本では経済成長が鈍化し、それまでと大きく変わるような斬新な商品が開発されにくくなっており、開発部門での差別化は実質的に難しくなりつつあります。そこで他企業との差別化ポイントになりえるのが営業です。見込み客の情報整理を行い、アプローチを進めていくことによって営業を成功させます。

その際に営業支援を目的としたシステムがとても有用となります。営業支援では、営業パーソンの情報がITのシステム上で共有されます。これにより、営業パーソン同士の活動が重複しないようにすることが出来ます。また、勤務時間などについても融通を利かせることが出来るので、働き方改革の一環としても注目されています。

起業という組織全体の活動を無駄なくすることが出来ます。タスク管理も営業支援の1つです。タスク管理は、営業パーソンが取り組みべき仕事を可視化することによって、管理しやすくすることを言います。優先順位や重要度、期日などの異なる多数の仕事を様々な方が把握できるようにします。

営業支援ツールでは仕事をタスクとして入力することで、スケジュールを可視化することが出来ます。それぞれの行動をお互いに把握できるようになることで連携を取りやすくなったり、穴のない活動をしたりすることが容易になっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です