営業支援に必要なポイント

営業担当者をサポートするための営業支援では、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか。営業支援で重要とされるポイントには、活動の可視化や情報の共有、リストの作成などがあります。どれも実行しているようでいて実際には形骸化していることも多く、企業によっては営業活動を行っても個人の業績として扱われており、全体共有が難しくなっています。営業支援を意識することでよりサポートをしやすく、営業活動で結果を残せるようになるでしょう。

活動の可視化で重要なのは、誰がどの取引先に対してどのような活動を行っているのか明確にすることです。これにより長年にわたって営業を行っていない取引先や、複数の担当者が同じ取引先などを発見することができます。営業担当者の活動についても明確になるため、結果を出している人を正しく評価できるのも利点です。情報の共有は部署全体で行ない、ノウハウなども共有します。

より良い営業方法を出し合うことでさらなる契約の獲得が見込める他、自分以外の社員の動きが判るため動きやすくなるはずです。スケジュール管理などを取り入れても効率化できるでしょう。取引先リストの作成も重要な項目です。リストには取引先の属性や情報、受注に関してのメモなども残します。

作成されたメモは後ほど顧客リストとして有効活用できるはずです。これらの営業支援が行えるシステムの導入もおすすめです。営業支援システムはデータの可視化や部署内の連絡、取引先のリスト化など様々な機能を搭載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です