営業担当者をフォローする営業支援

営業部門の担当者が顧客とのやり取りに集中できるように環境を整えるのが、営業支援の基本的な役割です。営業担当者は顧客との交渉や商品のアプローチ、ヒアリングなど多数の課題を抱えています。業績を伸ばすためには既存の顧客のみならず新規顧客の開拓も必須となっており、企業の代表として活動を続けています。様々な課題を持つ営業担当者にとって、営業支援はなくてはならない存在です。

営業支援の存在によりこれまで行ってきた雑多な業務のコストを削減できれば、よりコア業務へと集中することができるでしょう。営業活動が活発になることで顧客へのアプローチも増え、結果的に売上アップへとビジネスチャンスが広がります。活発な営業活動はこれまで見過ごされてきた課題の発見にも繋がり、改善を目指せるのも大きなメリットです。また、営業支援には部署内のスケジュール管理やタスク管理なども含まれます。

外出や出張など様々な活動を行う営業担当者のスケジュールは、部署内で確実に把握しておくことが必要です。営業支援によってスケジュールを共有することで、誰がどの顧客を担当しているのか、部署でフォローするべきなのはどの案件なのかも判りやすくなるでしょう。タスク管理も同様に、進行中のタスクについて共有を行ない、伝達ミスを防ぐことが可能です。進捗状況をお互いで随時確認しながら、フォローが必要な案件や遅延中の案件などのチェックもできるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です