営業支援では仕事の内容を明確にする

営業職といっても仕事の内容自体はぼんやりとしている事は多く、初めて営業の仕事をする人にとってまず何から手をつけたらいいかわからない事も多くあります。営業支援では営業職の仕事に集中できるよう、サポートだけでなく手助けする事も含まれてるのが特徴の1つです。実際の仕事の内容をわかりやすく明確にすることで、より的確な仕事に繋げる事が出来ます。営業支援でのサポートとして、企業が行っている営業のプロセス自体を視覚化するという方法も有効的な手段の1つです。

実際に仕事として営業はプロセスといてリード創出があり、意味としては自社の商品やサービスを利用してくれる見込みがある顧客となり、その顧客自体を発生させる事になります。営業支援では新たな顧客となる相手を探す方法として、単純に営業電話であると説明すれば直ぐに理解してもらう事が可能です。ただし単純に電話をして進めるのではなく、相手側が何を求めているのかやニーズと合っているか判断できる内容を提供する事も含まれます。ヒアリングというプロセスであれば、単純に聞くのではなく確認内容が含まれるのも特徴です。

フォローアップは契約前でも契約後であっても、質問があれば電話やメールで対応するという内容になります。クロージング自体は相手側に訪問し、求める内容にこたえる業務となります。営業支援自体は営業の仕事をより分かりやすく理解してもらう事で、効率よく仕事を進める事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です