タブレットにアプリとしてインストールするレジがある

小売や飲食店などの会計に、機材にかけるコストを削減するならタブレットのレジを導入するのも良いでしょう。一般のタブレットにアプリとしてインストールを行い、利用登録を開始するだけで使うことができます。商品情報をすべて登録することで売上の一元管理が可能になりますから、どのお店でどの商品が売れているのかといった情報や、飲食店の人気メニューの売れ行きなども把握できるようになります。タブレットならグループウェア上に情報を記録するので、万が一端末を紛失した場合でも情報の流出がありません。

レジの決済方法はクレジットカード決済などにも対応しているので、現金以外の方法で支払うお客にも対応できます。ハンディターミナルをスマホなどにすることでより便利に運用していくことが可能ですから、タブレットのレジを導入する際にはスマホの機材も揃えることにしましょう。システムの更新があった場合には、自動的にアップグレードを行えるので万全なサポートを受けながらアプリを使うことができます。操作画面についてはどの世代でも使いやすいように、直感的に使えるような画面が用意されています。

操作方法は簡単ですぐに覚えられますから、機材の更新に伴う従業員教育の必要などもありません。レシートの発行には拡張機能を揃えればできますので、これからレジ設備を更新される小売店の方や、飲食店の関係者の方はタブレットのアプリで売上管理をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です