レジをタブレットにするとこんなに便利

最近、レジをタブレットにするお店が増えてきています。タブレットはコストも安く、スペースを取らないのでお店の経営にはぴったりなのです。設置の容易さも魅力の一つです。従来のレジではメーカーの方がそれぞれの店舗に来て対応していました。

タブレットのレジでは端末とマニュアルがあれば簡単にできるため、店舗のスタッフだけで設置することが出来ます。Bluetoothでの接続になるので配線が必要がありません。かつてはレシートの出力を心配する声をありましたが、今はレシートプリンターに無線接続するだけで簡単に印刷できるのでその心配は全くなくなりました。商品の追加や管理もしやすいです。

従来のレジではタグやバーコードのない製品は読み取れず、打ち込んだり台帳に記入したりする手間がありました。しかし、タブレットレジならアプリの画面上に商品の一覧を表示させることができ、それをタップするだけで完了します。バーコードを読み取るのに時間がかかってしまう問題も無くなります。また、よく売れている商品を一覧の最初の方に表示させるな、店舗ごとに合ったカスタマイズが可能です。

データの管理も簡単になります。店舗の売上データがリアルタイムで更新されていくため、タイムラグ無しで対応が出来るのです。また、お店によって集計したいデータは異なりますが、タブレットなら項目を追加できるので必要なデータに特化して集められます。業種に合ったデータが集まれば、販売の戦略を立てやすいというわけです。

非常に便利なのでこれからの主流になっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です