お歳暮をいただいたら

お歳暮をいただいたら

日本には半返しのマナーがあります。いただいた品の半分くらいのお値段の品をお礼として贈るのです。

お歳暮についての情報を提供しています。

とはいえお歳暮の場合にはそれに当てはまらないためご注意ください。なぜならお歳暮は御先祖様や年神様への供物が由来。
決してあなたがもらったものというわけではないからです。
とはいえ、今は日頃からお世話になっている方へのお礼という意味が強くなっている行事だからこそやはりお礼は必要です。
そのままにはせず、必ず言葉で、あるいは文章で伝えるようにしてください。


お歳暮のお礼ですが、マナーとしてはハガキや手紙が正式です。
インターネットなどで調べればいくらでも文例集が見つかるはずです。
とはいえ今は電話やメールがあります。



まずは届いたこととお礼を伝えるのもよいでしょう。



とはいえ、賛否両論あるため相手によって使い分けしましょう。

電話だと相手が忙しくしている時間にかけてしまった場合には失礼に当たります。


メールであれば時間帯は気にしなくてもよいですが、メールを受け取ったほうとしてはそのメールに対して返事を出すべきかどうしようかと余計なプレッシャーを与えることに。

やはりハガキや手紙がよいのかもしれません。

日本の伝統的行事だからこそ、たまにはきちんと文章を書く習慣も持つようにしましょう。
相手はきちんと届くかどうか不安に思っていることでしょうから、お歳暮が届いたらすぐに、できれば3日以内にはおはがきを書いて出すようにしましょう。

お歳暮の納得の真実

一年の終わりになると、この一年間にお世話になった人へお歳暮を贈りたいと思うことでしょう。風呂敷に包んで相手のお宅まで持参するのが正式なマナーであると考えられていますが、多忙であったり遠方であったりといった理由から、最近では宅急便で送るケースも多くなってきました。...

more

お歳暮を詳しく知りたいなら

お歳暮は毎年贈るものなので、何度も同じ相手に贈っていると今年はどんな品物にしようか頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。お中元とお歳暮の両方を贈っている場合、お歳暮のほうを少し値の張るものにした方が一般的です。...

more

お歳暮のテクニック

お歳暮はお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるための昔から伝わる日本の文化のひとつです。本来ならば1年の終わりにお歳暮を持参して、ご挨拶に伺うところですが、昨今の忙しい世の中においては訪問は難しくなり最近では宅配便などで送るというのが主流となってきました。...

more

お歳暮の実態

お歳暮は、年末に贈る物です。感謝の気持ちを伝えるために贈られます。...

more
top